WP Map MarkerWordPress プラグイン

  • WordPressのプラグインを使って簡単に所在地のあるデータをGoogleマップに表示したい。
  • たくさんのデータをGoogleマップにマーカー表示したいけど、どうやったらいいか分からないし表示も遅くなりそう。
  • Googleマップにマーカーを表示してみたけど、マーカーがたくさん密集していてなんか押しづらい。
  • 所在地のある投稿を一つ一つ経緯度に変換するのが面倒だ。
  • 検索条件に合わせマーカーの表示を反映できると便利だよね。

すこしでも共感したあなたにピッタリなWordPressのプラグインが、弊社開発の『WP Map Marker』です。
WP Map Markerは、所在地に関連したカスタムフィールドのある投稿をGoogleマップにマーカー表示することが出来るプラグインです。

簡単な操作と短い手間で、Googleマップやマーカーの表示方法における希望、疑問を解決します!

Googleマップ

Google Maps JavaScript APIを用いたGoogleマップの表示と特定のカスタムフィールドからマーカーの表示を行います。
WordPress管理画面よりプラグインのアップロード、有効化後、わずかな労力で、レスポンシブな地図表示と使い勝手の良いマーカー表示をトップページや一覧ページ、詳細ページにて実現します。

クラスタリング

表示するGoogleマップには、投稿に関する情報を持ったマーカーと、近いマーカーをいくつか束ねたクラスタマーカーを表示します。
地図の表示エリアが大きい場合には、密集したマーカーを束ねてクラスタマーカーを表示し、そのクラスタマーカーをクリックすると地図のズームを行い、操作性を向上させます。

ジオコーディング

所在地データを地図表示するために、 Google Maps Geocoding APIを用いて所在地情報から経緯度への変換(ジオコーディング)を行います。
変換した経緯度情報は、プラグインが用意する専用のテーブルにキャッシュすることでAPIを有効活用することが出来ます。
プラグインを利用することで所在地情報から経緯度情報を都度、調査・管理する手間を省きます。


WordPressのプラグイン『WP Map Marker』は、
「購入する」ボタンよりご購入することでとzipファイルでダウンロードいただけます。
WordPress管理画面にてzipファイルをアップロードし有効化を行ってください。そして、いくつかの初期設定を行うことで、上に挙げましたGoogleマップの表示、Googleマップ上に投稿に関する情報を持ったマーカーの表示、マーカーが密集した際のクラスタリング、所在地情報のジオコーディングがご利用いただけるようになります。

WP Map Markerに出来ること

  • WordPressのプラグインにて有効化し初期設定を行うことでサイトにGoogleマップの表示を行います。
  • 指定したカスタムフィールドの値(所在地)をワンクリックで経緯度に変換し専用のテーブルにキャッシュします。
  • 変換した経緯同情報をもとに、Googleマップにマーカーを表示します。
  • 表示エリアが大きく、マーカーが密集している場合はクラスターマーカーを表示し、地図のズームを促します。
  • マーカーのサイズや種類もWordPress管理画面にて調整可能です。
  • 検索する条件に合わせてマーカーを選別し表示することも可能です。
  • 5000件のデータでもスムーズにGoogleマップにマーカー表示を行います。
  • Googleマップの初期表示時のズームレベルや中心座標もWordPress管理画面にて簡単に設定出来ます。
  • その他にも、プラグイン有効化後に表示されますWordPress管理画面>地図設定にて、さまざまな設定を行うことが出来ます。詳しくはプラグイン操作説明をご確認ください。
  • デモサイトでは、WordPressのデフォルトテーマであるTwenty Seventeenに所在地情報を持ったいくつかの投稿を用意し、WP Map Markerを適用した結果を表示しています。トップページ、カテゴリアーカイブページ、シングルページにてGoogleマップにマーカーを表示していることが確認できます。
  • デモサイトにおけるカテゴリアーカイブページを確認していただくと、条件に一致したマーカーが表示されていることを確認できます。このように、条件に合わせてマーカーを表示することも可能になります。

システム構成図

WordPressプラグイン『WP Map Marker』システム構成図 WordPressプラグイン『WP Map Marker』システム構成図

動作環境

サーバー関連
PHP バージョン 5.6, 7.0、7.1
WordPress バージョン 4.8 以上
MySql バージョン 5.6 以上または MariaDB バージョン 10.0 以上
Apache
Curl(PHP module)
ブラウザ
Google Chrome
Mozilla Firefox
Safari
Internet Explorer11
Microsoft Edge

料金

16万円(税込み)

購入方法

口座振込またはPayPal

※口座振込の場合、メールにて振込先口座をお伝えします。

製品情報

『WP Map Marker』 WordPressプラグイン一式

※本製品にはWordPress本体、WordPressテーマは含まれませんのでご注意ください。

お知らせ

ご利用上の注意

本プラグインはWordPressのプラグインになります。
本プラグインはzip形式で配布しております。インストール・有効化の際には、WordPress管理画面の「プラグイン」メニューにある「新規追加」よりインストール・有効化をお願い致します。
FTPクライアントソフトを利用したアップロードを行った場合、不具合が生じる可能性がございます。ファイルのパーミッションをWordPress管理画面よりインストール時と同様に設定を行ってください。

本プラグインをご利用いただく際に、Google Cloud Platform > API Manager > 認証情報よりあらかじめAPI Keyを作成が必要となります。
作成したAPI Keyはグーグルマップの表示とジオコーディングに利用します。また、APIには回数制限がございますのでお客様ご自身でご確認いただき、必要に応じてご対応をお願いいたします。
API Keyの取得方法につきましてはプラグイン操作説明にて詳細に記載しておりますのでご確認ください。

作成したKeyに関するAPIの利用制限や有料サポートに関しまして、本プラグインはサポート対象外となりますのであらかじめご了承ください。

本プラグインにおけるジオコーディングではPHPのcURLモジュールを利用しています。
ご購入いただく前に、cURLが利用可能かご確認ください。
また、ご購入後プラグインを有効化いただきますと、WordPress管理画面>地図設定>バージョン情報にて利用可能かどうかの確認も出来ます。
ジオコーディングによる経緯度の変換には、Google Maps Geocoding APIを用いておりますが、登録した所在地データによっては正しく変換されないことがございますのでご了承ください。
所在地データとジオコーディングにおける正確性や再現性につきまして同プラグインで保証いたしかねますため、詳細につきましてはGoogle Maps Geocoding APIのデベロッパーガイドをお読み頂くか、Google Maps APIへお問い合わせ願います。

ジオコーディングやクラスタリングは件数が多くなってくると処理に時間がかかります。
そのため、5000件以上となる所在地データが存在する場合は、実行途中で中断される可能性がございます。5000件以上の所在地データでの動作不良は保証いたしかねますのでご了承ください。
尚、5000件以上の所在地データを扱う場合には、必要に応じてお客様ご自身でサーバーの設定等を変更いただくか、別途ご相談ください。

同プラグインでは.htaccessを設置しております。nginxをご利用する際には.htaccessの対処をしていただく必要がございます。

当プラグインがバージョンアップした場合、WordPressによる自動アップデートはされません。
アップデート情報は当ページにてお知らせします。

WordPress以外のシステムに同等に機能を設置した場合は、別途ご相談ください。

WP Map Marker リンク

デモサイト / プラグイン操作説明 / 利用規約 / 特定商取引法に基づく表示